TEACHER

髙橋弘典   (Hironori Takahashi) 

 

1983年 京都バレエ専門学校卒業、専修学校教員認定証を取得

1985、1987、1988年と有馬龍子バレエ団のフランス、イギリス、南フランスの海外公演に参加

1990年 パリ工藤大貮氏のもとで研修を積む

1991年 有馬龍子バレエ団 「白鳥の湖」全幕において主役を務める

また工藤大貮氏の東京、大阪公演に出演

その後も有馬龍子バレエ団「くるみ割り人形」全幕の王子、バレエ団のオリジナル作品「屏風」や「漁火」などにも主演

また「騎兵隊の休止」では関西においての初演の主役を務める

2005年 兵庫県立芸術文化センターこけら落とし公演ではニジンスキー版「春の祭典」の復刻上演にも出演

 

有馬龍子、安達哲治に主に師事する

また佐藤勇次氏に出会い多くの影響を受ける

パリ・オペラ座のミッシェル・ルノー、ジャック・ナモン、ルシアン・デュトワ、ミカエル・ドナール、エリック・カミーヨら多くの教師陣から直接指導を受ける

京都バレエ専門学校教師 有馬龍子記念京都バレエ団員

(公社)日本バレエ協会会員

 

髙橋純子(Junko Takahashi)

 

5歳より有馬龍子バレエ学園にてバレエを始める。有馬龍子、有馬えり子、安達哲治に師事する。

京都バレエ専門学校予科在学中にエベリン・テリ女史に師事する。

1987年京都バレエ専門学校予科を経て専門課程を卒業ならびに京都府専修学校協会優秀賞を受賞。専修学校教員認定証を取得。

1985年、1987年、1988年と有馬龍子バレエ団の海外公演に参加。

有馬龍子バレエ団において、薄井憲二振付「漁火」、「白鳥の湖」全幕のオデットとオディール、2001年には関西初演となる「騎兵隊の休止」を主演する。

またクロード・ベッシー、エリザベット・プラテル、ルシアン・デュトワ、フランチェスカ・ズンボー、エリック・カミーヨなど数多くのパリ・オペラ座教師陣より直接指導を受ける。

パリ・オペラ座レパートリー「祭りの夜」「ダンス組曲」「コッペリア」でも直接振付指導を受け、ソリストとして出演

京都バレエ専門学校教師、有馬龍子記念京都バレエ団バレエミストレス